沿革

明治43年 初代・脇 権蔵、漁業の傍ら鯖釣り毛鉤を製造、漁具小売商として「脇八五郎商店」を創業。兵庫県、京都府沿岸と取引を始める。
昭和 4年 二代目・脇 安一、家業を引き継ぐ。
6年 毛釣漁具の漁法講師として、脇 権蔵が新潟県水産試験場より招聘を受ける。
7年 毛釣漁具製作に着手し、主として山陰、北陸、信越地方に販売。
20年 当地以西に使用されるい、イカ針製造に着手。
22年 津居山に工場を新設して当地以北に使用されるイカ針製造に着手。
牛角・牛骨、鯨骨等を使用したイカ針製作用機械を設備。
23年 東北・北海道方面に販売を開始。貝合せイカ針を考案、量産に入る。
25年 北海道北洋博覧会に毛針・イカ針を出品、表彰を受ける。
28年 鉛沈類の製作を開始。
29年 株式会社 脇漁具製作所として会社設立。
59年 三代目・脇 英寿、代表取締役就任。
平成13年 四代目・脇 英雄、代表取締役就任。
19年 新ブランド W-WAVE(ダブルウエーブ) 設立。
21年 ルアーブランド GOAHEAD(ゴーヘ) 設立。